作者非公開

Undisclosed author

9条俳句

2014年
Article 9 Haiku

「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」

Abide by Article 9,”female voices protesting, in the rainy season.

俳句は、五・七・五の十七音で表現される、世界で最も短い詩だ。

市民が作ったこの句は、東京都の北、埼玉県さいたま市大宮区の三橋公民館の俳句サークルで第1位に選ばれ、2014年7月の月報に掲載されるはずだった。だが公民館側はそれを拒否。戦争放棄を掲げた「日本国憲法9条」を扱うことは政治的であり、議論が分かれ、一方の側に立てないというのが理由だった。作者は提訴。自治体の政権への忖度や過剰規制を象徴するとして、多くの市民による応援団が結成された。2018年12月、作者の勝訴が確定した。(永田浩三)

Japanese Haiku is the world’s shortest poetic form, consisted of 17 on (also known as morae though often loosely translated as “syllables”), in three phrases of 5, 7, and 5 on, respectively.

This poem was made by a citizen who was chosen as the first prize in a haiku association in Mihashi community center, Omiya, Saitama, located north of Tokyo. It was going to be published on the monthly newsletter of July, 2014, however, was rejected by the community center. The reason for rejection was that handling Article 9 of the Japanese Constitution, which declares the disclaim of war, is currently an ongoing dispute and the community center cannot stand on one side. The author of the poem sued the case. A supporting team was formed by citizens, as they saw this incident symbolic of over-regulation and forced surmise by the political administration of the local municipal. In December 2018, the author of the poem won the case. (NAGATA Kozo)

主な発表作品

2014年6月
三橋公民館俳句教室 埼玉県さいたま市

2014年6月24日
三橋公民館俳句教室で、当該の俳句が第1位に選ばれる

2014年6月25日
公民館側は「公民館便り」に掲載しないことを作者に伝える

2015年6月25日
作者は、表現の自由の侵害、精神的苦痛に対する損害賠償を求め、さいたま地裁に提訴

2018年12月
最高裁は、5000円の賠償を命じた二審判決を支持し、原告(作者)の勝訴が確定